2005-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会員会議所

171015?1000
この日は米沢で会員会議所があった。
DSC02350.jpg

なかにはこんな人もいた。
DSC02352.jpg

夜遊びが過ぎたらしい・・・

今日は会員会議所の前に
次年度06の全国大会郡山大会の副主管の仮締結式があった。
理事会での審議も通っているので名前を書き入れる私。
DSC02357.jpg

私の前にいるのは奥(かぶって見えないが)から
地区担、ブロ長、郡山JC理事長、地区の担当議長の4名。

私自身ややためらいはあった。仮の締結って何?
締結は真のものが1つあればいいのじゃないのか。
と感じていた。

確かJCって主権はLOMにあるんですよね。
副主管するのがイヤだと言っているのではなく
今回のやり方がおかしいと私は感じています。
各LOMが副主管する、しないを地協とかブロックとかが
圧力かけるなーーーーと言いたい。

協力は初めからしますよ、だって仲間だもの。
ただ副主管の本当の意味って地区の全LOMが
やりますっていうものではないと思います。

LOMで理事長以外のメンバーは全員副理事長です。
って言っているようなものだと思います。
人はそれを良いLOMだねといってくれるでしょうか?
そのLOM大丈夫?と感じる人の方が多いと思います。

最近ブログしてコメント書いていると
気持ちが高ぶって止まらないことがあります。
副主管の件はこの辺でやめておきます。

いろいろな思いはあっても
この場では言うことも出来ずとりあえず握手。
DSC02360.jpg


会員会議所では会員大会の報告だったがすんなり承認された。
そして次のアニュアルレポートミィーティングを迎える。
DSC02369.jpg

始まる前にLOMのメンバーと合流。
さあアニュアルレポートミィーティングだ。
スポンサーサイト

小出興業研修会

171014?1900
この日は小出興行の研修会だ。
DSC02322.jpg


場所は大山自然公園のコテージ。
まず、たどり着くのが一苦労。
今回の幹事をして下さった鶴岡支社より
一筆書きのような地図を頂いていたので
これは簡単に行けるだろうと勝手に思い込んでしまった。

私の車にナビはない。
おまけに夜、雨と視界は悪い。
2度、3度と道を間違える。

開催地の寒河江支社長から自分で飲む酒は自分で調達してと
アドバイスを頂いていたが、場所がわかり辛いとは聞いてなかった。
それでもなんとか19時ジャストぐらいに到着すると
まだ数名しか来ていない。
皆たどり着くのに苦戦しているようだ。
おまけに電波が弱くて携帯が上手くつながらない。
陸の孤島だ!
そんな場所で研修会は始まった...

寒河江のメンバー、いや社員が作ってくれた芋煮。
DSC02324.jpg

とても美味しかった。
普段は1杯で終了の私も2杯頂きました。
大きな鍋だったのにすぐに汁だけになっていた。

今回の研修会は社内褒章(?)の祝賀もかねている。
2名いるのだが今日の参加は1名のみ。(↓)
DSC02329.jpg

気の利く支社長の方がお祝いに花束贈呈。
I支社長ご機嫌です♪

こうして社長を囲み、夜が更けていった。
1-2.jpg


途中Sブロック会長(予)様からの電話にも
登録がない相手だったため出ることもせず
研修会に集中していた私。

夜が更けると一人一人と姿を消し
最終的に残ったのは4人くらいだったか。
さすがに明日のこともあるため午前2時過ぎに
それぞれ眠りについた。

いつも会社でスーツ姿しかみてないせいか、
参加した皆さんのカジュアルな姿を見るだけでも
リラックスできた研修会でした。

設営して頂いた寒河江の皆さんありがとうございました。
さんざん分かりにくい所だと書いたが、一晩明けたら
機会があれば是非もう一度利用したい!
という気持ちになっていました。

結果的には本当に良い記録と記憶が残りました。

10月第1例会?

10月第1例会の後半は
キャンドルナイトの振り返りだ。
DSC02294.jpg


まずはキャンドルナイトについてのアンケート結果の発表である。
初めにメンバーから回収した結果。
DSC02299.jpg

概ね好評なようだ。

続いて市内にある団体から回収した結果。
DSC02300.jpg

JCへの期待がこめられていた。

その後キャンドルナイトの当日を映像で紹介。
DSC02308.jpg

残念だった無常の雨・・・

スクリーンに映し出される花火。
DSC02317.jpg

スクリーンに表れては消える花火を見ていると
音こそないが当日の夜に舞い戻ったような感覚があった。

その後W委員長より事業実施にあたっての
概要が報告され、委員会の知られざる努力を
垣間見たような気がした。

最後に副題でもあった『社会観光からゆめへ』の通り、
次年度キャンドルナイトを行う予定のゆめづくり委員会
委員長のK君へ今年度の資料がダンボール1箱に
詰められて送られた。
DSC02321.jpg

実際の重さは大したことないかと思うが
思い入れの重さは相当に重いはず。
次年度のK君の演出によるキャンドルナイトが今から楽しみである。

N副委員長が作りこんだ映像で皆あの夜を
思い出したに違いない。
そしてその時市民から頂いたの励ましの声も。
JCの事業はこのようにありたいものだと思う。

ただ今回の例会としての反省点と言えば
メンバーからの意見はアンケートの部分で反映されていたが、
せっかく集まったのだから生の声も拾える部分も
欲しかったような気がする。

来月は05のLOM全体のふりかえり。
『ふりかえり』の在り方を今回の例会から学び、
更に良いものにして05を締めくくりたいというのが
私の願いです。

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

KJC

KJC

まさるの城へ登城ありがとうございます。

このブログを活用し様々な「プライスレス」を発見したいと思います。

  • 管理者ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。